徒然吐き溜め草子

思考、感想、愚痴を綴る。明るい内容と暗い内容がございますので、閲覧のさいはご注意お願いします。

今日の吐き溜め (6/19)

職場の同僚で同い年の女の子が、辞めたいと話してきた。

その子は最近父親を亡くした。

突然死だったらしい。

なので暫く休んでいたがつい最近から、再び出勤している。

 

 

元気そうに、いつも通りに振舞っているが、家庭内ではいろいろあるようで、その子は体調を崩し現在通院しているらしく、母親のほうも身体と精神の調子が悪くて仕事を退職しようとしてるらしかった。

その為、自分も体調が悪いながら母親の手助けをするために退職し、昼間で上がれるような会社に再就職しようと決めているようだ。

事情が事情だから、私もなんて声をかければいいか迷ったし、ただ単に辞めたいってだけなら引き留めるが、そういうことなら逆のことしか言えない。

今の職場はキツイし、融通も効かないし、なにより結構黒い面もある。

本人は辞める旨を伝えても、引き留められるかも…と言っていた。

 

 

もし、引き留められたとして、そのまま勤務を続けても、精神衛生上良くないと私は思う。

人間だから要望が通らなかったりすれば、嫌気も刺すだろうし、家庭の問題を心のすみに残しながら働いても、いつか壊れてしまうかもしれないだけだと私は思った。

私はその子に、無事に辞める旨を伝えられるように(こう表していいのかわからないけど)励まし、先に退勤した。

 

 

歳の近い人が少ない現職場で、同い年のその子がいなくなるのは、やっぱり寂しい。

だけど、今の私はその子の次のステージを応援することにしている。

私に出来るのはそれくらいだけど、それだけでも、声をかけるだけでも、何か力になると思うから。